若返り アンチエイジング

いつまでも若々しくキレイでいたいものですね。そんな若返りの方法とアンチエイジングについてご紹介しします。

フェイスリフトアップとは

フェイスリフトアップは様々なメディア媒体で話題の美容施術です。フェイスリフトアップは、しわやたるみを解消する施術です。この方法で外見年齢を5〜10歳ほども若く見せることができるともいいます。たるみの源ともいえる脂肪や皮下筋膜、脂肪を直接持ち上げることで下がり気味な顔の部分を上方向に引っ張る手術がフェイスリフトアップです。

フェイスリフトアップは、手術以外にもやり方が知られています。ジェルやクリームを使って、肌を引き締めたるみを取るという方法もあります。ジェルやクリームは効果の現れ方に個人差があったり、なかなか効果が出ない場合もあります。即効性のある、劇的な効果を望む人や、皮膚のたるみ具合が大きい人は、整形手術によるリフトアップが確実です。

そもそも、しわやたるみはどうしてできるのでしょう。大きな理由は年齢を重ねたことでおきるコラーゲンやエラスチン不足で、肌のハリが失われてしまったことです。理論上はコラーゲンクリームを塗ったり、サプリメントなどを飲んで、少なくなった成分を補えば元のように戻る気がします。どんなに熱心に必要な成分を補っても、しわやたるみができてしまうとそれ以前の肌になることは困難です。フェイスリフトアップは、たるみを改善する方法としてとても意義があることです。フェイスリフトアップは皮膚や皮下組織ごと引っ張りあげるので、確実に元の状態近くにしてくれるからです。

切らないフェイスリフトアップ

フェイスリフトアップは、しわやたるみを正確に取り除きたいという人に向いています。けれども、皮膚に傷が残るフェイスリフトアップは受けたくないという人や、切ること自体に踏ん切りがつかない方もいるようです。フェイスリフトアップの中には、メスを使わないものもあります。たるみの気になる部分を切るのではなく、フェザーリフトやワプトス、金の糸などの糸を皮下に通し、皮膚を糸で引き上げて顔全体を引き締めるという方法がとられます。

切らないフェイスリフトアップの方法だと、針を通した所が少し赤くなる程度です。メスを使わないので、傷跡なども残らないし、縫う必要もありません。腫れなどもないのでタイムラグが少なく、翌日から洗顔やお化粧も可能です。他人に気づかれずにアンチエイジングをすることが可能です。切らないフェイスリフトアップは、頬のたるみに特に有効です。

ほうれい線、目のくぼみなどの皮膚をまとめて引き上げるため、こめかみ部分を持ち上げることかになりますので、効果的です。皮膚に糸を通して引き上げるフェイスリフトアップでは、肌質によっては、皮下の糸がわずかに透けて見えてしまうということがあるようです。施術を受けた人全員がそうなるという話ではありませんが、どのようなリスクがあるかはフェイスリフトアップを受ける前に把握しておいた方が安心できます。

フェイスリフトアップはたるみやしわに効果的

顔のたるみやしわが気になる人には、フェイスリフトアップの美容手術が向いています。その人にぴったりなフェイスリフトアップは、肌質や年齢などで違います。近年では、フェイスリフトアップといえばSMASという方法が一般的に使われています。顔面の筋肉や筋肉の集団をまとめている膜を筋膜といいますが、顔の筋膜を引き上げることで顔全体をリフトアップする方法がSMASです。

手術には全身麻酔が必要となり、全ての施術が終わるには1〜4時間かかることになります。SNASによるフェイスリフトアップは、どのしわやたるみを目立たなくしたいかで切除部分も変わります。施術後の腫れが少なく、傷が目立たなくなるよう、メスを入れる場所はこめかみから耳の下辺りです。

フェイスリフトアップがうまくいくかは、施術をする人の腕に頼る部分が大きいようです。あらかじめ情報を集めて、どの医院がフェイスリフトアップの技術があるかを確認してください。メスを使うフェイスリフトアップにしろメス不要のフェイスリフトアップにしろ、価格は様々ですので判断がつかないことも多いでしょう。複数の病院でカウンセリングを受け、どんなフェイスリフトアップが行われているか、施術後のケアはどうなっているかなどを聞きましょう。フェイスリフトアップは、料金的に決して安いものでは無いので、しっかり比較検討して慎重に選びたいものです。


TOP

エステサロンでの若返り方法

美容外科で若返り

サプリメントで若返り

髪の悩み

Copyright(C) 2012 若返りの方法とアンチエイジング All Rights Reserved.